スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

一人鍋 

皆様こんにちは、製造担当の建矢です。
寒い日が続く今日このごろ、いかがお過ごしでしょうか。
私は毎日鍋三昧で過ごしています。
そんなある日のお鍋です。

『おだしのパックじん』で水炊きをしました。
タレは、自家製ポン酢を作ってみました。

ゆずをしぼってみましたら思いのほか水分が少なく
あとでもう1個買いにいくはめになりましたが
やはり手づくりは美味しい!の一言でした。

ポン酢作りに関してはまだまだ改良の余地がありそうなので
色々試してみたいです。

ちなみに最後は、お醤油を少しとタマゴを加え、美味しい雑炊で締めました。

100130.jpg

製造スタッフ 建矢

スポンサーサイト

『序に』PART② 

お鍋に続きおでんも登場することも我が家ではしばしばでして、それもタネは
ほとんど野菜系で、しっかりしただしで食べるという物です。
その中でも外せないのはやっぱり大根です。
今日の大根は大原産で綺麗な葉っぱがとても魅力的でどちらかというとおでんより
この葉っぱでつくるご飯のお友の方が楽しみな程でありました。
また、これで序にご飯を後一膳食べてしまった次第でして・・・
一応レシピの様なものを記してますので良ければご参考までに。

100122.jpg

【材料】
・大根葉
・ちりめんじゃこ
・鷹の爪(七味でもOK)
・うね乃謹製 京のだし(ストレート)
・胡麻油

【作り方】
①熱した胡麻油に鷹の爪、大根葉、ちりめんじゃこを入れる
②フライパンの底に水気がなくなるまで丁寧に炒める
③全体がパラパラになったら、京のだしを入れ絡めて出来上がり。

出汁馬鹿 4代目 釆野 元英

私の癒し 

京都では底冷えの寒さが続いていているかと思えば、
急に暖かくなったりしています。
そのせいか、お店に生けている桜もつぼみが開いて参りました。

100121.jpg

私は月に一度お花の教室に通っており、お稽古で使ったお花は
お店にも飾ったりしています。
野に咲く和の花が多く、私は店頭のこのお花に癒されています。
お店に生けるのは月に一度ですが、ご来店の際に
楽しんでいただけると嬉しいです。

統括主任 松村

序に! 

この季節皆様の食卓にも鍋料理が登場することも多いと思います。
鍋と言えばやっぱり欠かせないのが白菜ではないでしょうか。
お正月がすぎたこの時期は特に旨味が増してきて鍋の味が一層上がりますね。
そんな、白菜の白い部分で序にもう一品つくってみました。
自分では、余すところなく使い切り、あと一品出来て環境に優しくECOなんて
思いながらいつもこんな事するんですが・・・ふと思いました。
序に作った一品で序にご飯と食べてしまい、結局過食になっていたんですね。
これって、今所有している車を売ってECO車買って、浮いたガソリン代で
今まで以上に距離走る、みたいでちょっと複雑?
でも、味は最高ですよ。
一応レシピの様なものです。

hakusai1.jpg

材  料) 刻んだ白菜(残り野菜何でも可)
      うね乃謹製 細昆布
      だし屋のしろだし
      鷹の爪一本
つくり方) ①刻んだ野菜をほんの少しの塩で揉む。
      ②水を絞り細昆布と混ぜ合わせる
      ③三時間以上重しを乗せたらできあがり。
      ポイントは食べる直前にだし屋のしろだしを少しかけると旨さ倍増!


出汁馬鹿 4代目 釆野 元英

讃岐うどんとおだし 

新年明けましておめでとうございます。

本年も上質のおだしを皆様の食卓へ提供させていただくため、日々精進させて
いただきますので、よろしくお願い申し上げます。

さて、私多田は、讃岐の国、香川県高松市に来ております。
三越高松店5Fで1月6日から12日まで「大京都展」を開催しておりまして、
うね乃が出店させていただいており、私が販売させていただいています。
香川県はなんといっても「うどん美味い!」です。
コシのある麺が喉を通るあの感覚はなんとも言えません。
この美味しい麺をもっと活かす為、うね乃ができる事。
そう、お出汁です。香川県の皆様は基本お出汁を煮干でとってらっしゃいますので、
うね乃の「職人だし」でとったお出汁をこのうどんと食べていただくとよりいっそう
美味しいかと思います。
この時期の「職人だし」は原料のサバ、ウルメ、イワシの身がしまり、最高に美味しい
出汁がとれます。普段、私は製造に携わっているものですから、「香川のうどんと
この職人だしを合わしたいなぁ」と毎日のように思っている次第であります。
12日まで「大京都展」は開催しておりますので、皆様とうどんと出汁のお話ができれば
なぁと思う今日この頃です。

1008-5.jpg
      
本年もどうぞよろしくお願いします。                             

多田 

年頭のご挨拶 

明けましておめでとうございます。

昨年末のJR京都伊勢丹様での削り実演プロモーション中に
とても嬉しい事がありました。
とあるお客さまが「たまごかけご飯のたれ」を手に取り、裏面の原材料を見た時
「カタカナ表記のよく分からない物が何も入っていないんですね!」
とおっしゃり、それまでうね乃の事はご存じ無かったにもかかわらず、
親戚にも配るという事でまとめ買いして下さいました。

これからもひとつひとつの商品に真心を込めて製造して参りますので、
本年もどうぞ宜しくお願い申し上げます。

製造スタッフ 建矢

年頭のご挨拶 

新年、明けましておめでとうございます。
2010年も全国各地へおだしのご紹介をさせて頂きますので、
是非とも皆さまのご来店をお待ち申しあげます。

本年も何卒よろしくお願い申し上げます。

1008-4.jpg

スタッフ 出野

招福 

新年明けましておめでとうございます。
本年もどうぞ宜しくお願い申し上げます。

部屋のテーブルランプ。
昨年、ひょんなことでテーブルランプのガラスシェードが割れてしまい
「さて、どうしたものか?」
新たに買ってもいいけど、何か・・・と考え、パッとひらめきこうしました。

1008-3.jpg

昨年の節分の時に取っておいた木箱(空き箱や包装紙・紙袋を捨てられない性質なん
です)に入れただけなんですが・・・

部屋の招福飾りになりました。
さらに電球をつけると『福ハ内』が灯され、より福が増すような気がします。
どうぞ福を招いていただけますように・・・ と拝んでいます(笑)

この招福ランプ(と勝手に思っています)をみていると、お正月で一年の福を願い、
来月には節分で豆をまいて邪気を祓って福を招く・・・日本の風習は良くできている
なぁと感じます。

・・・・・

みなさまのたくさんの福をお祈りさせていただくと共に、個人的には福をもたらしたり、
福のお裾分けができれば・・・と願っています。

スタッフやかべ

新年新生 

皆様、新年明けましておめでとうございます。
昨年は多くのお客様にご愛用頂き、励ましのお声も多数頂戴致しまして、
本当に有難うございました。
本年もより一層のご愛顧を賜りますよう心よりお願い申し上げます。

さて、新しい年の始まりにフレッシュなお知らせです!
従来よりご好評頂いております『かつおパック』が
この度装いも新たにリニューアルの運びとなりました!

1008-2.jpg

中身の薩摩産枯本節の美味しさはそのままに、袋がより可愛らしい
デザインに生まれ変わりましたので、お弁当など持ち運びにもおススメです♪

外袋にも中袋にも、小さなかつおが沢山泳いでおりますよ~。
私もデザインに関わりましたので、ようやく卵から生まれた
我が子を見守る親カツオの心境です(笑)
多くのお客様に喜んでもらうんだよ。。。と小カツオ達に
言い聞かせております。
皆様、どうぞ『うね乃』共々末永く宜しくお願い申し上げます!

店長 中村

今年の抱負 

新年明けましておめでとうございます。
統括主任の松村です。

わたくしの今年の抱負としましては、
沢山のお客様にもっともっとわかりやすく「うね乃」の想いや、
商品について知っていただけるよう、色んな工夫や仕掛けをしていきたいと思います。
そして、すべてに対して一生懸命取り組んで、達成感のある一年にしたいと思っています。

本年も何卒よろしくお願い申し上げます。

さて、今私は1月5日から福岡の博多大丸さんの京都展にお邪魔しています。
きっと京都よりも暖かくて過ごしやすいだろうと期待しておりましたが、
全国的に寒波が訪れ、意外と福岡もとても寒い毎日です!

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。