スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

春の訪れ 

今年の寒い寒い冬もあと一ヶ月程で終わりですね。

今週のうね乃本店には、ひと足早く桜が咲きました。

110127-1.jpg

私の通っているお花の教室では、見ていてホッとするような素朴な和の
お花を生けることが多く、とても穏やかな気持ちになり癒されます。

今週は、桜、つばき、水仙、なでしこ、麦、ねこやなぎ、こでまり、あおもじ・・・etc…

110127-2.jpg

教室でいただいたお花は、お店にも生けたりしています。
生け方は不慣れですが、ご来店いただくお客様に少しでも季節を
感じていただければと思っています。
お花を生けるのは月に一度ですが、いつでもお気軽に
お立ち寄りくださいませ。
スタッフ一同お待ち申し上げております。

スタッフ 松村

スポンサーサイト

藤沢の京都展にて 

年が明け、新年の京都展の催事が各地で始まっております。

私の本年の催事の皮切りと致しまして、神奈川県藤沢の小田急百貨店に
出張して参りました。
ご来店頂きましたお客様、誠にありがとうございました。

110122-1.jpg

今回はうね乃看板商品「おだしのパックじん」を試食として
皆様にお味と香りを確かめていただきながら、
本枯節を家庭用の削り器で削る実演もさせて頂きました。

110122-2.jpg

今後も各地で、このような削り実演を、少しでも多く試みていきたいと思います。

この催事の期間中、全国的な寒波到来で、京都でも雪が降ったりの
大荒れの天気だったそうですが、藤沢では雲ひとつないとてもいい天気でした。

110122-3.jpg

本年も全国へおだしのご紹介に出かけて参りますので、
皆様何卒ご指導の程、宜しくお願い申し上げます。

スタッフ 出野

夜に鰹節 

12月・1月は忘年会、新年会、はたまたクリスマス会などなど
何かにつけて飲んだり食べたりする機会が多いです。

みんなでワイワイ楽しくってついつい食べすぎてしまって、
ただでさえ体に似合わず大きい胃袋がさらに大きくなってしまって
ちょっと困っています。

そんなことを感じている時に、飛び込んできたこの見出し
『夜の食べすぎ防ぐカツオブシ』
なんてタイムリー☆

YAHOOのトピックスにあった日経ウーマンオンライン(日経ヘルス)の記事です。

要約しますと、
●カツオブシに含まれるアミノ酸の一種『ヒスチジン』が脳内で『ヒスタミン』に変化。
『ヒスタミン』は満腹中枢を刺激して満腹感を与える効果がある。
●さらにカツオブシのうま味成分・イノシン酸が食事の満足効果を高め、
ダブルの効果が期待できる。

⇒つまり、カツオブシを摂取することにより満腹で満足できて食べすぎを
防ぐことができるということらしいです。

さらにちょっと加えますと、
『ヒスチジン』は満腹感を与えて過食を防ぐだけでなく、
脂肪分解酵素の働きを活発にして脂肪燃焼を促進し、肥満予防になるそうです。
なお、『ヒスチジン』は体内でつくることが出来ず、食品から栄養分として
摂取しないといけないアミノ酸です。
なので、鰹節から摂取するのが最適ということなのです。

110119.jpg

かつおパックを一袋(3g)をお湯に溶いて塩などで味を整えたスープ、
つまりは即席お吸い物を飲むだけでも良いそうです。
※うね乃のかつおパックの裏面に「少量のだしとりにも・・・」と
即席だしのつくり方提案してあります

夜のお供に(夜に限らず)鰹節を!

スタッフやかべ

雑誌の撮影がありました 

先日、雑誌「美しいキモノ(アシェット婦人画報社)」の撮影で
京都出身の女優、海老瀬はなさんがご来店下さいました。

別冊付録『きもの好きが行く京都 AtoZ』の巻頭特集だそうで、
とても上品で華やかなお着物をお召しでの登場です。

海老瀬さんが入店された途端、店内がパアっと明るく華やかになり、
撮影に入ると一転、凛とした空気に…。
着物がよくお似合いで、さすがです。

撮影後、『おだしのパックじん』などをお買上げ頂き、
早速ご自身のブログでもご紹介下さいました。
「おだしのパックじんは絶対便利!」
と嬉しいコメントも!有難うございます。

「美しいキモノ 春号」は2月19日発売予定です。
海老瀬さんの美しい笑顔と共に、うね乃のおだしが紹介されるのが
今からとても愉しみです。

スタッフ 中村

人日の節句 

あらためまして、皆様明けましておめでとうございます。
年々、無事新年を迎える事の有難さを感じております。

お節料理を囲み皆で祝える喜びは格別で、素晴らしい日本文化を味わえる穏やかな
ときであり、日本中が一夜にして、激動から静に変わる瞬間を味わうことが出来、
この時が一年で一番有難く好きな瞬間です。

そんな、お正月気分が抜けきれない1月7日は皆様ご存じの、人日の節句でありますが、
昨今はお正月の盛り上がりでついつい薄れ気味に感じます。

この時期に七草がゆを食すると言う理由は色々ありますが、
現在も継承されている日本の風習文化にあらためて感謝と誇りを感じております。

110111-3.jpg

出汁馬鹿
釆野元英

迎春 

新年明けましておめでとうございます。
皆様のご健勝とご多幸を心よりお祈り申し上げます。

昨年の猛暑と長引く残暑は食品業界にも様々な影響を及ぼしました。
ここ数年、日本特有の春夏秋冬が少し変わり始めそれに同じて食品の旬や姿かたちに
異変が起こって来ているように感じます。
日本で収穫出来なければ世界各地から代品を取り寄せ習慣的な旬を満たす事が
日常化している昨今ですが、もしかすると、旬がずれ出しているのはタマタマでは無く、
自然界が我々に伝えようとしているメッセージなのでは無いでしょうか。
うね乃ではモットーであります〝自然と語らいながら〟をより一層意識して
本年も製品作りに励んで参る所存でございますので、
昨年に引き続きご愛顧賜りますよう宜しくお願い申し上げます。

出汁馬鹿
釆野元英

年頭のご挨拶 

新年明けましておめでとうございます。
いつも、うね乃製品をご愛顧いただき誠にありがとうございます。
本年も皆様に安心してお召し上がりいただける「おだし」を
製造して参ります。
変わらぬご愛顧の程、よろしくお願い申し上げます。

さて、今年 私は『気づき』をテーマに一年過ごしたいと思っています。
細かな部分に気づき、対応や反省をして、
自分を磨く一年にしたいと思います。

今年は変わったねと言われる一年になるよう、常に意識して
行動して参ります。

本年も何卒よろしくお願い申し上げます。

統括主任 松村 友香

===============
皆様、新年明けましておめでとうございます。
昨年も多くのお客様にご愛用頂きまして、本当に有難うございました。

お家ごはんブームの影響もあってか、昨年は「おだし」が
見直された年に感じました。

毎日事務所には、幅広い年代の方より、ご注文はもとより
お問い合わせや励ましのお電話・メール等を頂戴致します。
直接お話でき、本当に嬉しいひとときです。

今年は《感謝》の心を常に持ち、一つ一つのご縁を大切に、
「おだし」のように温かい接客を心がけて参ります!

本年もより一層のご愛顧を賜りますよう、心よりお願い申し上げます。

店長 中村 奈央

===============
謹賀新年

旧年中はうね乃の商品をご愛顧頂き、誠にありがとうございました。

本年もどうぞ、よろしくお願い申しあげます。

本年も、皆様の元により良い商品をお届け出来るように精進致しますので、
どうぞ、よろしくお願い致します。

製造 建矢 宗太郎

===============
全国の皆様、昨年は大変お世話になりました。

本年もうね乃のお出汁を全国の皆様へご案内に出張させていただきますので
どうぞお気軽にお声かけ下さいませ。
本年も、何卒宜しくお願い申しあげます。

スタッフ 出野 和弘

===============
新年明けましておめでとうございます。
昨年は多くのお客様にご愛用いただき誠に有難うございました。

私自身もお客様の食卓と産地を繋ぐ架け橋として、
日々の業務にまい進して参ります。

本年もより一層のご愛顧を賜りますよう
宜しくお願い申し上げます。

製造 多田 明伸

===============
新年あけましておめでとうございます。

昨年は京都展でいくつかの土地へ出張させていただき、
たくさんのお客さまと接することができて、喜びや励みを
たくさんいただきました。

京都展に限らず、お電話でお話を伺っている時もですが、
 もっと『おだし』の知識を深めたい
 もっとコミュニケーション能力を高めたい
そう感じておりますので、本年の目標に掲げたいと思います。
うね乃の「おだし」と同じくらい、人としても味わい深くなりたいです。

どうぞ本年もよろしくお願い申し上げます。

・・・・・

6日から高松の三越様で催される大京都展に、うね乃も出展、
私が出張、販売させていただきます。
お客さまとどのようなお話ができるか?
さぬきうどんはもちろん、どんな土地の味に出会えるか?
楽しみにしております。
お近くにいらっしゃる際には是非ともお立ち寄りいただければ幸いです。
京都展についてもよろしくお願い申し上げます。
(1月6~12日まで 新館5階の催し物会場でございます)

スタッフ 矢賀部 恵美

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。