スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ご好評ありがとうございました 

7月のうね乃市には、多数のご注文を賜りまして
誠に有難うございました。
人気につき早々に売り切れた商品もあり、ご迷惑をおかけ致しました。

次回は8月22日(月)9時~18時に開催予定をしております。
今回もお値打ち特別商品を企画しております。

開催前にこちらのコーナーにて商品を発表させて頂きますので、
皆様、どうぞお楽しみに…!

スポンサーサイト

女子会 

巷でよく耳にし、目にする『女子会』という言葉。
女性だけで集まって飲食したりしながら話をする会。

先日、
「ちょっとご飯食べながらおしゃべりしよう」
「いける人~?」と声をかけたら、うね乃女性スタッフが集まることに。
これはいわゆる女子会では?
―ということで、うね女の集い、すなわち女子会が開かれることになりました。


『女子会』と言うことによって気分が高まるのですから、言葉のマジックは不思議です。

仕事後の集合なので、デパートで買出しすることに。
バイクと車の者がいるので、アルコール無し。
おしゃべりしながら食べるし、飲み物がお茶なので、巻き寿司やお稲荷さん、
焼き鳥、とつまみやすいものに。
自然にデザートにケーキを買い求めるあたり、女子です。

110729.jpg

ちょっと昔の話に「そんなことがあったとは!」と意外な一面を知っては盛り上がり、
ある者のはまっていることに、みんな興味津々で、知らない世界のおもしろさに大盛り上がり。
個性溢れる面々の集まり、そして女6人、微妙に世代が違うので繰り広げられる話が幅広い。
お仕事の話はほとんどなく、他愛もない話に花を咲かせて夜は更けていくのでした。


うね乃衆の祇園祭 

京都の夏といえば祇園祭。
祇園祭は7月の一ヶ月間を通してのお祭りですが、人が大勢集まって賑わう(大半の人がイメージする祇園祭)は宵々山、宵山、山鉾巡行あたりではないでしょうか?


7月16日宵山、うね乃衆もその賑わいに便乗して祇園祭を楽しむべく集合。
おいしいご馳走、楽しいお喋り、絶えず口を動かし、大盛り上がり。
祇園祭のためか興奮さめやらず、時が経つのも忘れて宴は続き、照りつける熱い日差しで気付けば翌朝(苦笑)

そのままの勢いで、17日の山鉾巡行を観覧することに。
山鉾巡行のくじ改めの観覧席の券が一枚だけあり、それを建矢に託し、他のメンバーはその場でテレビ観覧です。
貴重な一枚を手にした建矢は四条通りへ、残るメンバーはテレビ前に対策本部を設置。
対策本部では、テレビを通して得た巡行情報やテレビでどのあたりを中継しているかを現場の建矢に携帯電話で連絡するのですが、せっかくなので建矢にテレビに写るように指示。

四条河原町の交差点で辻回しが中継されているという対策本部の連絡から、そこへ向かうことになった建矢の報告によれば

「本当に大勢の方が来られていて、そこまであと数メートルという所で満員電車さながらの前にも後ろにも横にも身動き取れぬ状況となりました。
人々の熱気で、汗だくで服もびしょびしょの中、対策本部から「ちょっと手振ってみて」とか「そこでジャンプして」など、さまざまな指示がきましたが、それどころではありませんでした。ただ、ここまで来た以上、前進するほかありませんので人波をかきわけ身をよじらせ、他の方に迷惑をかけないように、そして任務を果たすべく、必死の思いでテレビカメラに写る位置までなんとかこぎつけました。」

目標地点(テレビに写る位置)に到着した建矢の達成感と歓喜に満ちた報告を受けた対策本部では、携帯電話の建矢の声の後ろから聞こえる「ちょっと、お兄ちゃん、割り込んできたうえに立ってたら見えんやろ」という小柄なご婦人の突っ込みと「あ、す、すいません」と身をかがめる建矢の様子に、申し訳ないけど大爆笑したのでした。

110723-1.jpg

建矢が必死の思いで撮った写真です。
本当にたくさんの人、たくさんのカメラです。
以後は事前にスタンバイして観覧するようにしようと反省した次第です。

対策本部に無事帰還した建矢を温かく迎え入れ、そんなこんなで楽しい祇園祭の集い・お祭り大好きのうね乃衆の集いはおひらきとなりました。

・・・・・
7月残り1週間、祇園祭の行事はまだまだございます。
 24日花傘巡行(八坂神社~市役所)
    還幸祭(四条御旅所~八坂神社)
 25日狂言奉納(八坂神社)
 28日神輿洗式(四条大橋)
 29日神事済報告祭(八坂神社)
 31日夏越祭(八坂神社内・疫神社)
色んな表情がある祇園祭、触れるたびに「こんな祇園祭があったとは!」と魅せられるかと思います。

7月のうね乃市 

いつもご愛顧ありがとうございます。
御好評賜っております、『うね乃市』が今月より変わります。

本店ご来店のお客様しかご購入してもらえなかった、『うね乃市』出店製品を
一部、通販でもお買い求め頂けるようになりました。

販売日時は7月21日(木)朝9時~夕方18時
商品が無くなり次第の終了でございますので、皆様どうぞこの機会に
『うね乃市』ならではの特別品をお試しくださいませ。



☆今月のうね乃市☆

目玉商品として、『天然一等真昆布の切り落とし』を販売させて頂きます!!

昆布は産地より長いまま入荷されます。
うね乃では、商品にする際に1枚1枚切り揃え、形を整えております。
その際に発生する切り落としの部分でございます。

ichi110715-1.gif

【角切り 200g 525円(税込)】
ichi110715-22.jpg
昆布の先部分です。肉厚です。おだしがよく出ますので煮物などにどうぞ。

【端 200g 525円(税込)】
ichi110715-33.jpg
昆布の両端部分です。肉薄で幅細です。煮物などに一緒に炊いても美味しいです。

【株190g 1,050円(税込)】
ichi110715-44.jpg
昆布の根元に近い部分です。やや固め・肉厚で濃厚なおだしをお楽しみ頂けます。

◎本店店頭では、量り売りをさせて頂きますので、どうぞ味と食感の違いをお楽しみ下さいませ。



HPからも21日限定でご購入頂けます。
下記の【ご購入に関するお願い】にご注意の上、是非お求め下さいませ。
ichi_button.gif
※7月21日当日はこちらのボタンからご購入ください。

【ご購入に関するお願い】
◎発売日時/7月21日(木)朝9時~夕方18時
◎ご注意/無くなり次第販売終了となりますので、
お一人様各1点ずつのご購入とさせて頂きます。

※限定数に達しましたら、[購入する]ボタンをクリックして頂きましても
お買い物ページに進むことが出来なくなります。ご了承下さいませ。

御好評賜っております、『うね乃市』が7月から変わります。 

本店ご来店のお客様しかご購入してもらえなかった、『うね乃市』出展製品を一部、
通販でもお買い求め頂けるように準備させていただいております。

以前、21日が休業日の場合は翌月になっておりましたが、この度より、翌日に
順延とさせていただきます。

工場での試作や昆布切り落とし等、おだしのバリエーションをお試し頂ければ幸いでございます。
開催日の約一週間前には、ホームページ得設サイトで情報を御案内させていただきます。

どうぞ、『うね乃市』をお楽しみに・・

うね乃衆 

「烏合の衆」という中国の『後漢書』由来の言葉があります。

烏合とはカラスの集団のことで、カラスがたくさん集まってもカーカー鳴いて
うるさいだけのことから、本来は「規律や統制もなく、ただ寄り集まっただけの群衆。
役立たずの集まり」という意味です。

しかし、最近のカラスはとても賢く(時に憎らしい位に)、鳥類の中で最も知能が高いとされ、
相互の情報交換に長けているとされており、昔とは状況が違ってきています。

現代のカラスのような情報交換に長けて知能的な、
カーカー鳴いてうるさいのではなく、ワイワイ賑わっている
そんな烏合の衆をめざして「うね乃衆」はじまります。


これまでのスタッフブログとは装い新たに、
うね乃のまわりのちっちゃなできごと、おおきなできごと、色々と不定期にお伝えして参ります。


祇園祭で盛り上がっている京都の7月。
うね乃ならではの楽しみ方をご報告する予定ですのでお楽しみに☆
(巡行後のブログアップになってしまいますが・・・ちなみに過去のうね乃スタッフブログの
7月でもちょっと祇園祭に触れています。)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。