スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

新年迎え準備 

師走とはいったもので、気付けば今週末にはお正月です。
クリスマスから一転して迎春の雰囲気がぐっと増しています。


うね乃の店内も着々と迎春準備がすすめられています。

111227-1.jpg

いつもほれぼれ見とれてしまう餅花。
白と淡い桃色の餅花がとても可愛らしいです。


軒先の杉玉も緑の濃い新しい杉玉に架け替えられました。

111227-2.jpg

一年経つと茶色くなります。青々しさが新年を感じさせます。

注連飾りもスタンバイOK。


皆さまの迎春準備はいかがでしょうか?


年末の年越しそば・お正月のお雑煮・おせちに欠かせない『おだし』
ご用意忘れございませぬよう



年内30日まで営業しております。
お電話のご注文、年内お届けは28日(水曜)まで
下記の場所でも出張販売しておりますので合わせて宜しくお願いいたします。
 JR京都伊勢丹様(~30日まで)
 新宿伊勢丹様(~30日まで)
 広尾明治屋様(~31日まで)

スポンサーサイト

うね乃歳末市 

毎月21日
近くの東寺さんでは『弘法さん』が、
うね乃では『うね乃市』が開かれています。

そして年の瀬12月21日
近くの東寺さんでは『終い弘法』が、
うね乃では『うね乃歳末市』が開かれます。


今回のうね乃歳末市は先日のうね乃衆ブログで述べたように
とれたて(掘りたて)野菜の販売をいたしました。

1222-1.jpg

定番商品の他に、昆布やするめ、お正月にも適した商品もご紹介。


そして今回は『いちばんだし』で炊いた大根もひと口ばかりではございますが、
召し上がっていただきました。だいこんもいちばんだしも、どちらもうね乃謹製。

1222-2.jpg

寒い中ご来店いただいてありがとうございます。
今年も一年ご愛顧ありがとうございます。
の気持ちを込めて。
うね乃のおもてなしです。


おかげさまで好評のうちに終わりました。
来年のうね乃市も色々な企画をしていこうと思いますので、どうぞお立ち寄りくださいませ☆



・・・・・うね乃年末年始情報・・・・・

12月26日(月曜)から3ヶ所でプロモーション販売に出向きます。
 【東京】
  新宿伊勢丹様地下 12/26(月)~30(金)
  広尾明治屋様    12/26(月)~31(土)
 【京都】
  京都伊勢丹様地下 12/26(月)~30(金)
年末年始に欠かせないおだし、けずり節、良い品と共に社員が出向いて販売いたします。


お店の営業は12月30日(金曜)まででございます。年明けは1月6日(金)から営業いたします。
よろしくお願い申し上げます。

12月のうね乃市  

いつもご愛顧頂きまして誠にありがとうございます。

今月のうね乃市は12月21日(水)開催です。

早いものでもう師走、一年がたつのは本当にあっという間ですね。
うね乃もいよいよ終い市を迎えます。

来る年の福を願い、いつもより少し趣向を凝らしたうね乃市にしたいと
思っております。

工場や本店からのお得なご提供品はもちろんの事、
農家の方々よりご協力をいただき冬野菜の販売なども予定をしております。

また、本店にご来店頂きましたお客様には、大根焚きや福粗品などの
ご用意を計画中でございます。
(誠に申し訳ございませんが、今回WEB店での販売はございません。)


年末ご多忙のおりではございますが、どうぞ皆様お誘いあわせの上、
ご来店下さいませ。
スタッフ一同心よりお待ち申し上げます。

うね乃とだいこん 

2011年も締めくくりに近づいておりますが、
2011年のうね乃の試みのひとつに、野菜の栽培があります。
ひっそりと夏前から始動し、きゅうりや茄子の夏野菜、今は聖護院だいこん、聖護院かぶら、水菜、ネギなど冬野菜を畑で育てております。

111206-4.jpg

夏のおわりに植えた冬野菜たちが大きく育ってまいりました。
だいこんやかぶらの葉っぱの勢いの良いこと!
土から引き上げたら丸々とした白肌が!

111206-2.jpg

畑で収穫された聖護院だいこん。
ずっしり、しっとり肉質の良さが触っただけでも伝わってきます。

早速この聖護院だいこんをシンプルにおだしで炊きました。

111206-3.jpg

昆布+おだしのパックじんのみ。
だいこんを炊く時はお米のとぎ汁で下ゆでしてから、といわれますが採れたてなので下ゆでしなくても大丈夫と判断。それに「だいこんそのものの味を堪能したい」ということで多少だいこんらしさを残したかったので。

自画自賛もいいところですが、できあがりに「おお!!!」
存在感のあるたたずまい。さすが聖護院だいこん。
はふはふっと口に入れたら、やわらかくくずれていっておだしの味とだいこんの甘みがしみわたります。

ちなみに写真にある小皿は面取りした部分をもったいないので甘酢漬けにしたものです。
(皮は切り干し大根にすべく5㎜くらいの幅に切って干しました。)



12月上旬(大体8日あたり)、京都のあちこちの寺院で大根焚きが行われ、京都の師走の風物詩でもあります。
お寺によって謂われや大根の種類や味付けは様々ですが、いずれにせよ大鍋で焚いた大根が振舞われます。
古くから大根は心身の毒を取り除き、中風や諸病除けに効くとされており、このことに因んで今年1年を無事に過ごせた感謝と来年の無病息災を願います。

大根焚きにお出かけになるのが一番ですが、おうちで大根を炊いて召し上がってみてはいかがでしょう?


☆ここでお知らせです☆
来る12月21日(水曜日)、毎月恒例うね乃市にて、農家の方々よりご協力をいただき冬野菜の販売をする予定です。
あわせて遅ればせながらですが、うね乃でも大根焚きをしてご提供しようかという企画も。
乞うご期待くださいませ。

また、今が旬の聖護院だいこんに加えて聖護院かぶらを期間限定でおだしとセットで販売いたします。
ご興味のある方、0120-821-218へご連絡くださいませ。
※ご注文をいただいてから収穫に参りますので、
 本店受け取り限定
 前日までにご連絡をお願いいたします
※野菜も生きものですし、数に限りもございますので終了の際にはご了承願います。 

いよいよ 

秋の京都展でよく聞かれることの一つが「今年の紅葉はいつ頃?」

たいてい11月23日の勤労感謝の日あたり位と個人的に思っているのですが、
今年はその頃になっても色付きが鈍く、どうなっているのか?と心配しながら、
毎日通勤しながら木々の様子をみていました。

昨日・今日あたりから銀杏が黄金色に色付いてきていますし、
京都市内を囲む山々の表情も色とりどりになってまいりました。

いよいよ、と申しますか、ようやく紅葉の時季になりました。


111201-1.jpg

宇治へ参る機会があり、写真は世界文化遺産にも登録されている宇治上神社様前のもみじです。

気温がそれほど低くなっていないからか、今年はもみじの色が赤より黄色傾向のようです。


12月になりましたが、まだ紅葉をお楽しみいただけます。
むしろ今週末が見頃かと。


木々の葉が色付いてきたように、うね乃の社内も師走に入り、顔が紅潮して色付いてまいりました。

いよいよ『おだし』が大活躍の冬、そして年末年始を迎えます!

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。