スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

夏越の祓 

数日前から京都のあちこちの神社には人が通れる位大きな茅の輪がしつられられています。

120629-1.jpg

六月三十日の『夏越の祓』のための茅の輪です。
茅の輪をくぐって(神社さまによってくぐり方の作法が異なるようです)、
この半年の罪やけがれを祓い、これから半年の無病息災・悪厄退散を祈願します。

また、夏越の祓にあわせて京都では「水無月」をいただきます。
三角形の外郎(ういろう)の上に煮小豆がのっかった和菓子です。
三角形の外郎は氷をあらわし、小豆は厄除けの意味合いがあります。


ちょっとうろうろしてみましたら、
神社があれば茅の輪があり、和菓子屋さんがあれば「水無月」の貼り紙がある
これが今の時期の京都です。



もし六月三十日を逃してしまわれても、
八坂神社様は七月三十一日に祇園祭の締めくくりの行事として夏越祓が執り行われます。

スポンサーサイト

そうめんアレンジ 

今度の21日はうね乃市です。
今月は「そうめん」。
そうめんはシンプルにいただくのも良いですが、
ちょっとアレンジするだけで食の楽しみが広がります。

なんだかアジアンな気分でつくったのがこちら

120614-1.jpg

ヤムウンセンの春雨をそうめんに代えてつくってみました。

夏にぴったり。
栄養バランスもよくておすすめです。
コシがしっかりある今回ご紹介のそうめんで是非お試しいただきたいです。

後日レシピ集に追加掲載いたしますのでお楽しみに。

6月のうね乃市 

いつもご愛顧頂き誠にありがとうございます。
6月のうね乃市は21日(木)開催です。

今月の目玉商品は「そうめん」です。

無農薬栽培小麦(佐賀県産)みなみのかおりを使ったそうめんで、
手延べですのでこしがしっかりしていて、1本1本力強いので煮麺に
してもクタクタにならず美味しいです!!

麦の香りもしっかり生きていて、無農薬、無漂白だから安心です。
これからのそうめんが美味しい季節に、うね乃のそうめんつゆと共にいかがでしょうか?

120612-1.jpg

120612-1.jpg
そうめん5束入り525円(税込)

本店ご来店のお客様には、今回特別にお試しとして「そうめん1束105円(税込)」にて
ご注文を承ります。インターネットからのご注文は「そうめん5束入り525円(税込)」とさせて頂きます。


今回も目玉商品はHPから21日限定でご購入頂けます。
下記の【発売日時】にご注意の上、是非お求めくださいませ。

ichi_button_off.gif
※6月21日(木)はこちらのボタンからご購入下さい。

【発売日時】
6月21日(木) 9:00~18:00

鮎のシーズン 

お食事に行き「鮎」ないし「アユ」「あゆ」の文字を見つけると
「お♪」と心が躍る人も多いかと思います。
鮎の漁が解禁になり、天然の鮎が出回り、いよいよ鮎のシーズンです。

120611-1.jpg

やっぱり塩焼き。
ほれぼれと姿をながめ、
骨を上手く抜いて…ですが私は骨ごと丸のままいただきます。
別名「香魚」といわれるように、口にふくんだ時の風味にう~んとなります。

稚鮎、若鮎、子持ち鮎…成長段階とともに秋口くらいまで楽しめます。
鮎の季節到来と今年も鮎とご対面できる喜びも相まってこの時季の鮎のおいしさはひとしおです。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。