スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

躍進!京滋の中小企業 

この度、7月29日(月)の(京都新聞)朝刊月曜経済面にご紹介いただきました。
このような形でご紹介いただけるのは大変光栄なことです。

130729-1.png

これからもだし文化の先陣をきって後世に伝えていけるように
スタッフ一同、日々精進してまいります。

今後とも何卒よろしくお願い申し上げます。

スポンサーサイト

祇園祭2013 

熊本県出身で社会人1年目の私。
恥ずかしながら京都の大学に通っていたにも関わらず
学生時代に一度も祇園祭に行った事がなく、
今年は宵々山、宵山そして山鉾巡行と初めて祇園祭を体感致しました。

130722-1.jpg

今までの祭はただ楽しむだけのものでしたが、
今回、祭りの意味や歴史を知るようになり祭の楽しみ方が広がりました。

宵山の夜に山鉾巡行の晴天を願う日和神楽や鉾の組み立てで用いる
独特な構造をした縄がらみ等古き良き文化や技術を目の当たりにし、
物事には一つ一つ理由があるということを改めて実感しました。

130722-2.jpg

特に歴史や文化が深い京都には
多くの祭り事があり、それぞれに様々な意味が込められています。
平成生まれの無知な私ですが、文化を継承できるお祭り男になっていけたら
いいなと思います。

天王山ファーム&フードマーケット 

3連休の最終日に出展してまいりました!

連休のはじめはとてもお天気が不安定でしたが
当日は天気にも恵まれ、たくさんの方にお会いさせて頂くことが出来ました。
ありがとうございました!

全部で19店舗の”安全でおいしく楽しい”「食」への取り組みをされているお店が集まられる中、
私たちうね乃衆も「かつお節けずり体験」と出張販売をさせて頂きました。

130720-1.jpg

車の中に450℃の石釜があり、その場で生地から作ってくださいます。
同じく出展されていらした「ense」さんのピーマンを使ったおじゃことピーマンのピザ(600円)もあり、あっという間に売り切れていらっしゃいました。
大自然で食べる石釜ピザは最高です!
これから大阪の福島に店舗を持たれるとのことで、今回で移動販売は最後です。

130720-2.jpg

かつお削り体験(1回5分300円)たくさん削っていただきお持ち帰り頂きました!
自分で削るかつお節の美味しさは格別です。



次回の天王山ファーム&フードマーケットは11月30日(土)開催予定とのことです。
大山崎は自然豊かでお水が綺麗なため、
サントリーのウイスキー工場やアサヒビールのビール工場がございます。
マーケットとともに工場見学もおすすめです。

最後になりましたが、暑い中ご準備頂きましたRelishさんの皆様ありがとうございました!

7月のうね乃市 

いつもご愛顧賜り誠にありがとうございます。


7月のうね乃市は21日が日曜日のため
22日(月)に開催させて頂きます。

今月も、「坂ノ途中」様のうね乃市出張販売です!!
新鮮なl夏野菜など多数販売していただきます。
(商品売切れ次第終了となります。)

130719-1.jpg


また、今回はうね乃スタッフ考案の”簡単お料理”のご試食もご用意しております。

今回は夏にピッタリの酢の物!「煮干」と「細昆布」でお作りいたします。
お手軽で、とっても美味しい酢の物ですので
ぜひ皆様食べにいらしてください!


「おだし」と新鮮野菜で暑い夏を乗り切りましょう。


皆様にお会いできることをスタッフ一同、楽しみにお待ちしております!!

足助仕込蔵収穫祭交流イベント 

毎年行われている足助のイベントに参加しました。

うね乃の「だし屋のしろだし」で使用している「しろたまり」の原料である
小麦の収穫体験など町全体の暖かいおもてなしを体験してまいりました。

「しろたまり」とは大豆を使用していないため法律上、名称を「しょうゆ」とは
表記できず、小麦醸造調味料と表記しておりますが大豆を使用しないことと小麦麹を
2倍使用すること以外、製造方法は白醤油と全く同じです。

イベントでは
到着するとすぐに、麦刈り体験をさせて頂きました。
130705-3.jpg

日東醸造様は”自分たちだけで育てた小麦でしろたまりを作りたい”ということを
目標とされています。
まだ完全に実現は出来ていないそうですが、地元の方の協力で試験的に足助で栽培を
スタートされており、その麦畑で体験した麦刈りは大変貴重なものになりました。

また小学校を改装した仕込蔵も見学させて頂きました。

130705-1.jpg
仕込み1:古式白醤油製法再現のため本社工場で使用しているFRP製の桶ではなく、
昔ながらの木桶を使用されています。

130705-2.jpg
仕込み2:愛知県産小麦とうね乃ともお付き合いの深い「海の精」様の伝統海塩と
湧水でゆっくりと醸造していきます。


見学後には、仕込蔵のある昔の小学校の校庭を使用して
社長自らマグロに包丁を入れて解体する「まぐろの解体ショー」が催され、
子供たも順番に解体を体験して、そのマグロを使用したお寿司も握ってくださり、
その他にも様々なお食事を振る舞って頂きました。

さらに、しろたまりを使用したオリジナルの「五平餅」の販売や、
足助の歌も披露していただき、最後はしろたまりなどのお土産まで頂きました。

地域の方々と一緒になって、楽しませて頂けるおもてなしは暖かさで溢れており、
だからこそ美味しい「しろたまり」が出来て、うね乃の「だし屋のしろだし」も
美味しいものが出来るのだと自信を頂いて帰ってまいりました。

ちなみに、足助町の周辺には、紅葉の名所「香嵐渓」や温泉が数多くありますので、
機会がございましたらぜひ皆様足を運んでみてはいかがでしょうか?

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。