スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

疫神社夏越祭 

本日、7月31日に八坂神社様の疫神社夏越際に行かせて頂きました。
これは祇園祭の最後をしめくくる神事で、大きな茅の輪をくぐり無病息災を祈ります。

昔からある行事ですが、八坂神社様の周りがアスファルトの道路に囲まれ、
歩行者信号の点滅音が聞こえる現代でも続けて行われている事に、
自然への畏れの気持ちが昔から今も感じられる神事でした。

その後、その茅を持ち帰り輪っかを作ってそれぞれの家の無病息災を祈ります。
茎の部分を上手に折り曲げるコツがなかなかつかめず、かなり不細工になりましたが、
無事に祈りを込めて輪っかが作れました。

150731-1.jpg

スポンサーサイト

来月のうね乃市 

昨日のうね乃市にお越しいただきました皆様
誠にありがとうございました。


さて、来月のうね乃市は8月21日(金)に開催させて頂きます。

詳細はまた改めてお知らせさせて頂きますので
宜しくお願い申し上げます。

京都府旅のプラスαお楽しみチケット 

平素よりうね乃をご愛顧賜り、誠にありがとうございます。

さて、この度うね乃は京都府観光連盟様発行の「旅のプラスαお楽しみチケット(お土産券)」
取扱店としてご登録いただきました。

150722-1.jpg

うね乃本店(南区)・仁王門うね乃(左京区)両店舗でお使いいただけますので、
この機会に是非お越しくださいませ。

チケットの取得方法等、詳しくは下記URLをご覧ください。
http://www.kyotofu-p-kanko.jp/

皆さまのご来店、心よりお待ちしております。

7月のうね乃市 

平素よりご愛顧賜り、誠にありがとうございます。

今年も”♪コンコンチキチン~”の音色が染めわたる祇園祭が始まりました。
前祭巡業は17日(金)、昨年から復活しました後祭巡業は24日(金)に行われます。
毎日、色々な地域や神社様で祇園祭の行事が行われておりますので、
いつ京都にお越しいただいてもこの1ヶ月は、祭り情緒を味わって頂けるのではないでしょうか。

さて、今月のうね乃市は、21日(木)に開催させていただきます!


今回は新製品『 かつお梅』のご紹介です。

150711-1.jpg

『かつお梅』は、薩摩産のかつお節と
添加物を一切使用せずに塩と梅だけで漬けた紀州産の梅干で仕上げたおかか梅に、
塩と麹のみで漬けたたくあんをあわせました。
梅の酸味とかつおの旨味にたくあんの歯ごたえをお愉しみいただける、うね乃渾身の逸品です。


ご飯のお供はもちろん、お野菜のディップや冷し中華や、そうめん等…色々とお使い頂けます。

【かつお梅調理例】

夏の食卓にピッタリの一品”かつお梅と煮干の手巻き寿司”
サンチュに大葉とごはん、『かつお梅』、「煮干」をのせて、手巻き寿司風に♪
(煮干の代わりにちりめんやしらす等をお好みで)
150711-2.jpg


シンプルに、ごはんにしらすと『かつお梅』、きざんだ大葉をのせて。
150711-3.jpg

いつものそうめんに、『かつお梅』と千切りの胡瓜、いりごま、そして少量の「そうめんつゆ」をかけて
・・・(そうめんつゆは少なめに、”和え麺”としていただくのも良いですよ)
150711-4.jpg


その他にも、『かつお梅』で色々おつまみも♪

150711-5.jpg
納豆に刻んだ大葉、『かつお梅』をのせて・・・『かつお梅』に入っているたくあんと納豆の相性も抜群です。

150711-6.jpg
かまぼこに切れ目を入れて、『かつお梅』ときざんだ大葉をはさんで・・・かまぼこにひと工夫でとっても美味しくなりますよ。

150711-7.jpg
胡瓜と『かつお梅』の和え物・・・夏バテ気味の時にもさっぱりといただけます。

150711-8.jpg
冷奴のトッピングに『かつお梅』、「とろろ昆布」、「絹花」をのせて
・・・お醤油やお塩などの味付けをせずに、このままでいただけます。


又、「う」がつくものを食べると良いとされている、
24日(金)土用の丑の日にも、梅を使っております『かつお梅』がピッタリです。


当日は、『かつお梅』を使ったご試食も用意し、皆様のお越しをお待ちしております。

御挨拶 

この度、7月1日付けで工場長に就任致しました建矢宗太郎と申します。
長年、うね乃で製造に携わり本当に心から家族や友人に自信を持っておすすめ出来る商品製造をしようという気持ちで続けて参りました。
今回、工場長という役職に任命されましたので、大きな責任を感じております。
今まで以上に、お客様目線で商品の品質向上に努めて参りますので、今後もうね乃共々どうぞよろしくお願い致します。

150707-1.jpg


この度、食品衛生責任者を拝命いたしました、横手悠基です。
この度このような大役を受けつかった事に対して嬉しい気持ちと共に、責任の重大さに身の引き締まる思いです。
お客様に安心と安全をお届けする事が私の使命だと感じております。
建矢新工場長と協力し、より美しい工場を目指していきたいと思います。
そして、お客様からの厚い信頼を裏切らぬよう、これからも真心のこもった安心・安全な製品作りに努めて参りますので、何卒よろしくお願い申し上げます。

150707-2.jpg

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。